引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引っ越しの見積もりで既に出た見積もりを値切る方法、安くするコツ

引っ越しの見積もりを値切る・安くするコツ

 

引っ越しの費用を把握しようと思って
思いついた引越し業者、あるいは知り合いから聞いた業者から見積もりを取ることがあります。
実際、見積もりをして貰った後、
「これが一番安いです」という言葉に促されて契約をすることもあります。

 

 

このまま何も気にならなければ問題無いですが、
後になってネットでいろいろと調べたりすると、
意外ともっと安くなるのでは無いか、
決断を早まったのでは無いかと気がつくことがあります。

 

 

こういう場合にまず大事な事は、
見積もりにしろ契約にしろ、
特に取り決めをしていないようならば「キャンセル可能」と言うことです。

 

 

特に取り決めをしていないということが大事なのですが、
引っ越しのキャンセルについては一般的にこのような感じになっています。

 

 

国土交通省の「標準引越運送約款」の中に「解約手数料」について触れてあります。
第21条になりますが、簡単に言えば見積書の受取日の前日キャンセルは見積書記載運賃の10%以内、
受取日当日キャンセルは同20%以内と決められています。

 

 

ただ、後々トラブルにならないように、
キャンセル料について契約時に確認しておくことは大事です。
それと「見積もり」だけでは契約になりません。

 

 

ただし、勘違いしやすいのですが、
引っ越しの場合、見積もりに「サインする」と契約をしたことになります。
これは見積もりが契約書の代わりになっているためです。

 

 

引っ越し業界特有と言えば特有ですが、
引越運送約款(ひっこしうんそうやっかん)というのは、
業者によって(特に大手)は国土交通省に独自に届け出をしています。
そうでない中小の業者は上でお話した「標準引越運送約款」を使っていることが多いです。

 

 

これは大抵が見積もりの裏面などに印刷してあって、
契約の内容について説明してあります。
ここには見積もり(契約)のキャンセルや、
キャンセル料についても明確に記載があります。

 

 

これは標準引越運送約款を使わず、
独自の約款を使っていても記載は必ずあります。
このため、「見積もりにサイン」「契約にサイン」を
する時にはキャンセルについてしっかりと確認しておく必要があります。

 

 

複数の見積もりを取らない場合は別なのですが、
複数の見積もりを取る場合は、
ここでごちゃごちゃしやすいので最初に注意しておきたいです。

 

 

ここさえしっかり整理出来ておけば、
業者がごねてもはっきりと契約を盾に使う事ができます。

 

 

とにかく、見積もりにサインをした後でもキャンセルは出来るということを忘れないでください。

他の業者の方が安いかも知れないと思ったらどうする?

引っ越しの見積もりを値切る・安くするコツ

 

引っ越しの見積もりにサインをしたとしてもしなかったとしても、
1社ぐらいしか見積もりを依頼しなかった場合、
他の業者の方が安いのでは無いかということは思いつきやすいです。

 

 

この場合、とにかく早く複数の業者に見積もり依頼を出します。
引っ越し日が近くなりそうな場合は、
一旦、最初の引越し業者の見積もりはキャンセルにした方が良いかもしれません。

 

 

引越し業者の常套句として言われるのが「今止めたらもう同じ金額では出せない」というものです。
そういうときは「それならしょうがないですね」とばっさり切ってしまいましょう。
業者はとにかく契約を取ることが最優先で、
お客様優先よりも自社優先の場合に出やすいのが上の文句です。

 

 

お客様優先の場合、「もしやっぱり契約を復活させたいというときはいつでも言ってください」
ぐらいの配慮をしてくれます。
何せ、一度は出した見積もりですから。

 

 

もちろん、期日が迫れば配車関係・人員配置もあるのでそのままは無理かも知れません。
しかし、そこで食い下がってくるような業者は、
何かトラブったときに面倒になるので、
いずれにせよ要注意です。

 

 

後は、いかにして他の業者に見積もりを依頼するかですが、
これは無料一括見積もりサイトを利用すれば良いです。
ただ、普通の一括見積もりサイトだと、
既に一度見積もりをとっていることをうまく見積もりに反映させられません。

 

 

このため融通の利きやすい一括見積もりサイトを活用します。
ただ、その前に見積もり自体を安くするコツがあります。

引っ越しの見積もりを安くするならこのポイントを外さない

引っ越しの見積もりを値切る・安くするコツ

 

引っ越しの料金を安くするポイントはいくつかありますが、
代表的なコツは「相見積もりをとる」です。

 

 

つまり、複数の業者から見積もりをとるというのが一番効果的なんです。
だからこそ、他の業者に見積もりを依頼した方が良いのでは無いか、
と思ったのは正解!

 

 

ただ、これだけではまだ十分ではありません。
家庭の状況によって出来るところと出来ないところがあると思いますが、
基本的なポイントはこれです↓

 

1.引っ越し時期を選ぶ

基本的に「繁忙期を避ける」というのが一番大事です。
繁忙期は業者としても営業努力をする必要がなく、
逆に人手不足で経費も高くなる時期なので、
このタイミングで引っ越しをする場合、
大きく見積額が下がることはありません。
ただし、繁忙期であっても「引越し業者の都合の良い日にち(曜日)、
都合の良い時間」に任せることで若干安くなる可能性があります。
引っ越し料金は依頼者の都合によって左右されますが、
業者の都合に合わせることが出来る場合、その分価格を下げても帳尻が合うため、
費用が安くなりやすいのです。

 

2.荷物を減らす

料金の多くは荷物の量に左右されて、トラックや人員が決まります。
特に大型の物はそれだけ費用に影響を与えやすいです。
ほとんどの物は新居で買うという方が、
引っ越し料金を掛けるより安くなる場合もあるため、
荷物を減らす方向で見積もりをとって貰うと安くなりやすいです。

 

4.1ヶ月ぐらい期間が空いていると早期割引を受けられやすい

引越し業者によってはいわゆる「早割」をやっているところもあります。
引っ越しに余裕がある場合は、早割適用期間で見積もりを貰うのも一つの方法です。

 

5.距離が近いなら地域密着型、地元の引っ越し業者に見積もりを貰う

引っ越し料金を安くという点では、
大手より中小地元密着型の方が見積もりが安くなりやすいです。
これは大手ほど宣伝やサービスに経費を掛けられないのと、
競合が大手になりやすいので、価格で勝負する傾向が強いためです。
距離が遠い引っ越しの場合は難しいですが、
近距離の場合は考慮の余地があります。

 

6.荷物の梱包・開梱は出来るだけ自分でやる

引っ越しの一連の作業の中でフルサービスが一番お金が掛かります。
そして、一番お金が掛からないのが「運転手とトラックだけ」という手配です。
これは両極端ですが、基本的な部分は全部こちらがやるので、
大型の物と持ち運びだけお願い、という感じでお手軽パックにすると、
費用も安くなりやすいです(これは必要人員が少なくなるためです)。

 

7.現金払いとクレジットカード払いで金額変わる?と聞いてみる

大抵は現金払いですが、稀にカード払いOKのところもあります。
そういうところに「現金払いだと安くなりますか?」と聞いてみるのも一つです。
カード決済は業者側に手数料負担があるため、
わずかではありますが割り引いてくれる可能性が出てきます。

 

8.売上時期を見越して見積もりを依頼する

どこの引越し業者も毎月の売り上げ目標があります。
契約は多い多いほど良いですが、
目標に達していない場合は「契約を取る」ことを必死になります。
このため、大体、月の下旬ぐらいに見積もりを依頼する場合、
業者によっては価格が下がりやすくなります。

 

最後にどこの一括見積もりサイトを使うか。どこでも良いわけじゃ無い。なぜなら

引っ越しの見積もりを値切る・安くするコツ

 

複数の引越し業者から見積もりをとること自体が「お安く」
する方法です。
そして、それにあわせて引っ越しの見積もりを安く出来るポイントも挙げました。
最後に一つネックになっているのは、
既に見積もりをとっているということです。

 

 

出来るだけ早めに他の業者の見積もりをとりたいところですが、
いちいち個別に別の業者に見積もりを依頼するとなると、
相当な手間と時間とストレスが掛かります。

 

 

いちいち同じ話を繰り返さないといけないからです。
そこで出てくるのが「一括見積もりサイト」の活用です。
一括見積もりサイト関しては知っている人もいるかもしれません。

 

 

ネットで検索すればたくさん出てきます。
ただ、何も考えずにこのサイトを使うと問題が一つ出てきます。
それは「既に見積もりをとった業者にも見積もり依頼を出す可能性がある」ということです。

 

 

今の一括見積もりサイトは大手ならばほとんど、
中小でもそれなりに知名度があるところは提携しています。
すると、見積もり依頼を出すことによって、
同じところにまで見積もり依頼が届くことになります。

 

 

これは避けたいです。
でも、普通のサイトでは難しいので、
「既に見積もりをとっているところがある」ということを聞いてくれる見積もりサイトを見つける必要があります。

 

 

そんな仲介役のようなサービスを提供しているところなんてあるのでしょうか。
実は新たにサポートセンターのサービスを提供している会社が出てきました。
こちらです↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここは他の一括見積もりサイトと違って、
まず最初に依頼者から引っ越しの希望のヒアリングをとります。
このため、最初にやることは利用登録とヒアリングのための連絡日時だけです。

 

 

そして、ここにチャンスがあります。
このサイトは、引っ越しに関する情報をプロがヒアリングしながら整理し、
その情報を「必要な業者」に伝達し見積もりをとります。

 

 

このときに現状を伝え、
既存の業者以外に見積もりを出して貰うようにするんです。
つまり、ある程度、見積もり依頼をする引越し業者を選定するわけです。

 

 

こういう芸当が出来る一括無料サイトはここだけですが、
ものすごく利便性が高いです。
しかも、このサイトを通して見積もり依頼をする場合、
基本的な業者とのやりとりはサポートセンターがやってくれるため、
ストレスが少ないです。

 

 

そうやってまとめて出来た見積金額と、
事前に見積もりをした金額やサービスを照らし合わせて検討すれば、
一番良い形で引っ越しをすることが出来ます。

 

 

もちろん、一括見積もりで依頼しないことになった業者に対しては、
キャンセルも管理画面で出来るという優れものです。
納得出来る引っ越しをするためのサービスが展開されるようになりました。
他に選択肢があるのでは無いかという人にはぴったりです。
とりあえず詳細をチェックしてみる、見積もりの相談をしてみる場合は、
こちらからどうぞ。ご利用は無料ですので。